Skip to content

SEO対策を誰に行うのかが重要

SEO対策は、検索エンジンの上位掲載を目指して行われる最適化のことです。

検索エンジン最適化を行えば、弱小のサイトであっても検索エンジンの上位に表示されるようになるため、そこから多くのユーザーを誘致できます。ただ、実際にSEO対策を行う場合にはその行為を誰に行うのかが非常に重要になります。そもそも、WEB上には膨大な数のサイトが存在しますので、それらのサイトを全て手動で評価を判断するのは現実的ではありません。そこで、検索エンジンはこういったサイトの評価を行うために専用の自動巡回ロボットを用意しています。

検索エンジンの巡回ロボットは、クローラーと呼ばれています。クローラーは、WEB上に存在している様々な情報を記憶していき、そこで蓄積された情報を精査して順位付けを行います。また、WEBに存在する怪しいサイトに対してはペナルティを与える役割も持っています。例えば、クローラーの役割を阻害するような情報を発信しているサイトには低い評価を与えて、検索エンジンの上位に表示できないように対策をしている状況です。

SEO対策は、この検索エンジンが用意したクローラーに向けて行う必要があります。クローラーには、検索エンジンが作成した評価の基準のアルゴリズムが搭載されていますので、これに嫌われてしまうと高い評価を受けられません。ただ、機械が判断していますのでその判断基準にさえ従っておけば、高い評価を得られる可能性は高くなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *