Skip to content

SEO対策の過去と現在

過去のSEO対策は、検索エンジンの裏をかいたテクニック重視のものでした。

今も昔も、検索エンジンはサイトを評価し、検索順位を決めるアルゴリズムを持っているのですが、これが今ほど複雑ではなかった頃には小手先のテクニックでなんとかして検索上位に表示されてやろうと目論むサイトが多くありました。

例えば、「被リンク(他のサイトからリンクされていること)が多いと上位になりやすい」というので、他のサイト管理者に相互リンクをお願いしたり、「文字数が多ければ多いほど評価が良い」というので、とにかくひたすら文章を書きまくったりなどしていました。酷い場合は、自分でサイトを大量に作って自作自演の被リンクを作ったり、ただ単語を並べ立て、それが人間には不自然に見えるので文字色を変えて見えなくするなどといった、「ただ検索エンジンに評価されるためだけに作られたサイト」が作られることさえありました。

こういった内容は二の次でテクニックに隔たったSEO対策のことを「ブラックハットSEO」と呼びます。しかし現在では、検索エンジンのアルゴリズムが強化されていき、それに伴ってブラックハットSEOを見破りやすくなってきたので、SEO対策も「見た人が思わずリンクを張って紹介したくなる、質の高いコンテンツをたくさん持つサイトを作ること」が最も良いやり方だと考える人が増えてきました。こういうSEO対策はブラックの逆ということで「ホワイトハットSEO」と呼ばれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *