Skip to content

検索エンジンの仕組みを知ればSEO対策がわかる

検索エンジンは、サイトの評価を判断するための基準としてクローラーという巡回ロボットを準備しています。

この巡回ロボットでポイントとなるのは、サイトに存在している情報を逐一記憶しているという点です。こういった記憶作業は、インデックスと呼ばれています。情報が蓄積されていくと、その情報によって最も良いと判断されるサイトが検索順位の上位に掲載されます。この情報には、様々なポイントが存在していて検索エンジンにとっても有益であるとか判断してもらわなくてはいけません。

反対に、検索エンジンにとって有害であると判断されると順位を大きく落とされる可能性もあります。ですから、クローラーに記憶してもらうときには必ずユーザーだけではなく、検索エンジンにとっても有益である情報を発信する必要があります。ここで重要になるのが、インデックスを行うのには必ず時間が必要になるという点です。SEO対策を行う場合には、短期間で効果を発揮しようと集中的に対策を実行しようとするユーザーも存在します。しかし、こういったSEO対策は検索エンジンは好みません。

短期的なSEO対策は自作自演の可能性が存在しますので、こういった方法を行うと逆に評価を落とされる可能性も存在します。SEO対策は、クローラーがきちんと記憶作業を行うことを前提として進めていかなくてはいけませんので、必ず一定の時間が必要になります。時間をかけてゆっくりと行うことによって、確実な評価を得られるようになりますので一時的な効果を期待してSEO対策をしないように気をつけなくてはいけません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *