Skip to content

SEO対策の考え方について

SEO対策の考え方ですが、基本に立ち返り、ユーザーにとって使いやすく利点のあるサイトを作るということが原則となります。

SEO対策のごくごく初期の頃には、それこそ検索したキーワードを多数含むようなサイトが単純に検索結果の上位に表示されるということもありました。実際の内容が薄っぺらいサイトであっても、そのキーワードが多数サイト内に記載されていればそれだけで上位に表示されることもあったわけです。ですが、これではユーザーにとって使いやすいとか利点があるとは到底言えないのは明らかでしょう。

大手の検索エンジンは、これまでの経験や自社の理念などに沿ってよりユーザー視点で検索結果が適切に表示されるように日々改良を重ねてきています。そういう意味では、小手先で検索エンジンを欺こうとするかのようなSEO対策は、今ではまずほとんど効果がないと考えて良いでしょう。そういう対策ではなく、真にユーザーのことを考えて地道にサイトを作ることが結果的にSEO対策になっているというように考えるべきです。

ユーザーが求める情報は何か、どんなサイトなら訪れたいと考えるのか、ユーザーの立場になって考えてみましょう。一つの指標として、他のサイトからリンクを貼られている数の多いようなサイトは高品質のサイトであることが多いだろうという想定があります。常に当てはまる訳ではないでしょうが、一つの目安ではあるでしょう。もちろんこれは自分でコントロールできるものではないので、対策と呼べるものではありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *