Skip to content

SEO対策では直帰させないことも有効である

サイトを訪問した人が、最初に開いたページだけ閲覧しただけですぐに閉じたり、他のサイトへ移ってしまうことを「直帰」と言いますが、SEO対策を考えるうえでは、この「直帰率」をできるだけ少なくするのも有効な手段です。

一般的にこの直帰率の目標は4割程度以下を目指すと良いとされていますが、サイトの構成や内容によって差が出てくるため、あくまでも目安だと考えると良いでしょう。では、SEO対策のために少しでもこの閲覧者の直帰を防ぐにはどんな対策があるのでしょうか。それにはまず「コンテンツの内容と合致する広告タイトルを付けること」が必要です。サイト閲覧者が広告バナーを見たとき、その興味を引くのはタイトルによるところが大きいからです。そのタイトルが自分の関心にピンポイントで合致していればいるほど、クリックする可能性が高くなります。ところが、開いたみたら欲しい情報でなかった・期待したものではなかった場合などは、きちんと最後まで見ることなく他のページにも移動しないで閉じてしまうことになりかねません。

次に、「他のページへの導線をひく」のもSEO対策としては大事です。訪問者がコンテンツを読んで「欲しい情報ではない」と感じたときに、他のページを見るための導線がなければ、そのまま直帰してしまう可能性が高いです。各ページに他の記事へのリンクがあるかを確認してみてください。そして、近年特に重視されるのが「スマートフォンにも対応したページ作り」です。特にテキストが多い記事の場合にスマートフォンでPCサイトが表示されると、見にくいものです。閲覧時にスクロールやクローズアップなどの手間が多いと、直帰率は高まってしまいます。サイトの訪問者がPC・モバイルどちらからアクセスしているかは、訪問履歴などで確認することもできますので、その割合なども見ながら、モバイル対応にするか検討してみると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *