Skip to content

SEO対策のための記事のリストラ方法

検索エンジンで表示順位を上げるためにSEO対策を実施する場合は、まず最初に既存の記事を見直してみるようにしましょう。

以前は単純に使用されている単語の種類と量だけで判断されて検索順位に反映されていましたが、現在は内容の簡潔さも重要な要素とみなされるからです。SEO対策の基本は、記事に含まれるキーワードの種類と出現頻度です。キーワードの種類が多すぎると、検索エンジンのプログラムに内容が薄い(専門性が低い)記事と判断されてしまいます。専門性が高いとみなされるためには、1つの記事に含まれるキーワードの種類を絞る必要があります。コンテンツの量が多いのにアクセス数が増えない場合は、記事の分量を減らしてスリムにしてみましょう。内容を深堀りしたい場合は、複数の記事に分割してページに階層構造を持たせるようにします。

ユーザーのニーズに合っていないキーワードや内容が含まれる場合は、SEO対策のためにコンテンツのリストラを実施して不要な部分をカットする方法もあります。検索ニーズの低い不要なコンテンツが原因で、ページやサイト全体の評価に悪影響が及ぶ場合があるので注意しましょう。SEO対策のために記事のリストラ実施する際にどうしても残しておきたい内容があれば、別のページに分けて取り上げることができます。そのような場合はページ全体の評価が下げられるのを防ぐために、検索エンジンのプログラムに読み込みを拒否する“noindex”を活用すると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *