Skip to content

SEO対策を意識したキーワードの選定と階層構造

検索エンジンで上位に表示させるためには、SEO対策が必須です。

SEO対策には多くの方法がありますが、コンテンツとページの作成の際に意識すべきことはキーワードの選定です。検索エンジンのプログラムは記事に含まれるキーワードを抽出して、各ページ構成や専門性を判断するからです。以前は多くの種類のキーワードを含ませることで、検索時にヒットする確率を高めることができました。現在はページの専門性や重要度も考慮されるので、単語の種類とページ構造も意識する必要があります。検索エンジンのプログラムに専門性が高いページと判断されるためには、階層構造に応じて記事のキーワードを使い分けることが大切です。トップページや記事の概要などを含む上位の階層の記事であれば、一般的で広い意味の単語をキーワードにします。

階層が下位になるにしたがって内容を掘り下げて専門的で詳しい内容のコンテンツを扱うようにして、専門的で限定した意味のキーワードを設定しましょう。例えば、魚料理に関するコンテンツ記事を作成すると仮定します。トップページのキーワードは「魚」で、階層が下位になるにつれて「白身魚・青魚」「アジ・サバ・ヒラメ」「切り身・刺身・天ぷら」といった具合に、専門性の高い単語を使用します。階層構造を意識しながら記事で内容や使用する単語を選定することで、閲覧するユーザーが理解しやすくなります。この方法はSEO対策にも効果的なので、コンテンツを作成する際は記事の専門性と階層構造を意識するようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *