Skip to content

Googleアルゴリズム変更とSEO対策の関係

Googleはインターネットの検索エンジンのシェアトップで、大半の人が利用しています。

Googleは独自に開発したプログラムを用いて各サイト・ページの評価を行い、検索順位に反映される仕組みが採用しています。サイトやページの評価方法(プログラムのアルゴリズム)は、Goolgeの公式サイトで確認できます。このため、検索結果に反映させたり表示順位を上げるためにSEO対策を実施する場合は、Googleが公表しているアルゴリズムに合わせることが必須です。SEO対策を実施する際にGoolgeのアルゴリズムに合わせることによりアクセス数を増やすことが期待できますが、注意すべき点があります。Goolgeは検索結果の表示順位を決めるアルゴリズムを変更する場合があり、変更後にサイトの評価が下げられて検索順位が下げられてしまうケースが少なくありません。

有効なSEO対策を実施して検索上位に表示させることに成功したとしても、アクセス数を維持するためにはGoogleアルゴリズムの変更に適応して改善を行う必要があります。自分でSEO対策を行う場合は、Googleアルゴリズムの変更に関する最新情報を入手することが大切といえます。ちなみにGoogleアルゴリズムは他社のサーチエンジンにも採用されているので、Google以外の他の検索サイトの表示順位にも同じように影響が及びます。もしもGoogleアルゴリズムが変更されて検索順位が下がってしまった場合は、早急に有効なSEO対策を講じる必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *