サロンとクリニックの脱毛施術の違いについて

subpage01

最近はサロンやクリニックに通って、脱毛施術を受けることが流行っています。サロンでもクリニックでも同じように感じるかもしれませんが、両者で行われている施術には違いがありますので、事前にしっかりと把握しておくことがおすすめです。



サロンで行われている施術は光脱毛の方法が主流で、クリニックでは医療レーザー施術が主流です。

クリニックは医療機関ですので医療用の機器を使用して施術が行われていますが、サロンは医療機関ではないために、出力が弱い光を照射する処理方法となります。


クリニックに設置されている機器は厚生労働省が認可しているもので、高い出力のレーザーを照射するものです。威力の強いレーザーよって毛根を破壊することができるために、永久的な効果を得ることができます。


また、1回にかかる施術時間も短くなりますし、少ない回数で高い処理能力があることから、施術を受ける回数も少なくて済みます。

クリニックは病院ですので、施術を担当する者は医師などの医療従事者となるために安全性の面で高い点が特徴です。





大手サロンでも独自の研修を行うことで技術や知識を習得しているスタッフが施術を担当していますが、安全性で比較するとクリニックのほうが高いと言えます。




万が一、施術を行うことによって肌トラブルが発生したときであっても、医療機関ということでクリニックのほうが迅速に対応できるメリットがあります。





出力が強いレーザーを使用している分、脱毛サロンと比較したときに痛みが強い点も特徴となります。