日本人女子の脱毛意識と世界の女子のムダ毛事情

subpage01

メディアからの影響力も大きいのですが、日本で暮らしている限り、女性にとってムダ毛は恥ずかしい対象でしかありません。





両ワキのムダ毛はもちろんのこと、腕や足のムダ毛も生えていること自体が、恥ずかしいという対象になってしまうのです。




でもこれは日本特有の美意識でもあり、日本では全身脱毛を当たり前のように行うような文化になっていますが、世界ではそこまで体毛を悪者扱いはしていない国が多くあります。



日本でのエステサロン業やクリニックは、今や花ざかりの時代を迎えています。





国民の女性たちがメディアの影響も受けて、こぞって高額な脱毛契約を結んでムダ毛を処理するからです。



しかし日本人女子であったら、ムダ毛もない肌を手に入れたいと思うのは、昔から刻み込まれた意識なので仕方がありません。



海外の女性たちからしたら、日本人女性の美意識に対する意識の高さは、かなり違和感を感じるくらいに凄まじく感じるようです。


海外の女性はそれほどムダ毛を気にしませんが、それは毛の色が目立ちにくいということもあるでしょう。





そうではなくても、日本人女性ほどは、ムダ毛にしても気にはしませんし、エステ通いに励む女性も少ないです。

日本女性のムダ毛を許さない、肌はムダ毛などなく、美肌であるべきという心情は、実は男性側の責任もあります。



男性がかなり女性を厳しい視線で見るものですから、細かい部分今で意を使うことを望むのです。


世界では信じられない話ですが、日本には男性は男性らしく、女性は女性らしくというのが、未だに残っているのです。
脱毛は日本人女子には必要ですが、世界で暮らすともっと視野は広がります。