レーザー医療脱毛機器の種類と特徴について

subpage01

脱毛効果と脱毛機関が短い事で人気の医療脱毛のレーザー脱毛器には波長の違う3つのレーザー脱毛機器があります。

それぞれのレーザー脱毛機器にはメリットとデメリットがあるので、その特徴を知っておく事は医療脱毛を受ける美容クリニック選びにおいて参考になります。

1つ目はダイオードレーザーで、現在最も普及している医療脱毛レーザーです。
メリットは、レーザーの波長が平均的な日本人の肌色に合っていて、肌への負担が最小限で痛みも少なく、最も高い脱毛効果が得られる事です。





また、他のレーザー脱毛機器より照射出力を上げられるので、脱毛しにくい産毛に対する脱毛効果も高いです。
デメリットは、他のレーザー脱毛器よりも照射範囲が狭いので、脱毛に時間が掛かる事です。


2つ目は、ヤグレーザーで、肌の深いところまで照射できる医療脱毛レーザーです。

メリットは、VIOゾーンやワキ毛など濃くて太いムダ毛の脱毛に効果が高い事です。

薄い色素に反応しにくいので、他のレーザーができない日焼けした肌でも脱毛が可能です。





デメリットとしては、色素に反応しにくいので、産毛のように細くて薄いムダ毛の脱毛ができない事です。



3つ目は、アレキサンドライトレーザーで、波長が短いので、メラニン色素などに反応しやすい医療脱毛レーザーです。
メリットは、ジェルを使わずに、ピンポイント脱毛が可能な事です。





デメリットは、他のレーザー脱毛機器よりも痛みが強いことです。


3つのレーザー脱毛機器の特性を理解して、自分の肌質や、肌の色や、脱毛箇所にあったレーザー脱毛機器を扱う美容クリニックを選ぶ事が重要です。