医療レーザー脱毛は医療行為

subpage01

医療レーザー脱毛は医療行為に該当します。



ですから、脱毛に利用するとはいっても強いパワーで処理することができますので、やや強い刺激を感じることがあります。




脱毛の施術ではパワーの高さと痛みが比例するものであり、医療レーザー脱毛は効果が高い分痛みも少し強くなります。


ただし、医療機関ということで麻酔という強い味方があります。


医療レーザー脱毛の刺激が強いものであっても、麻酔をすればかなりの割合で軽減されますので、誰もが我慢できる痛みのレベルになると考えても問題ありません。



痛みの問題で施術を迷っている人は一度カウンセリングで相談してみて、どのような方法で麻酔を使用し、どの程度痛みを抑えることができるのかを確認してみれば安心です。


それでも心配な場合にはお試し照射を受けて、実際に体験してみることが大切です。



百聞は一見にしかずと言いますが、やはり自分で体験してみるのがもっとも手っ取り早い方法です。




パワーの強い医療レーザー脱毛は少ない回数で施術を終了することができてとても便利です。

肌に優しいと言われている光脱毛の場合はかなりの期間がかかりますので、スケジュールの調整が大変になります。




しかし、医療レーザー脱毛なら効率良く必要な箇所を処理していくことができますのでスケジュールの調整がしやすく、効果としても満足のいく仕上がりになります。


費用面では、一回あたりの料金が高いと思われる方法ですが、トータルで見ると決して高い方法ではありません。