医療レーザー脱毛を受ける前に知っておきましょう

subpage01

医療レーザー脱毛は、医療脱毛とかレーザー脱毛ともいいます。



文字通りレーザーを使って体毛を処理する方法で、レーザーを扱えるのは医療事業者に限定されるため、このように呼ばれています。



レーザーは元々は、皮膚科や美容外科で、ほくろやシミ、あざを取るのに使われていましたが、それが脱毛に応用されるようになり、医療レーザー脱毛が誕生することになりました。




そのため、濃い色の体毛にはかなりの脱毛効果があります。




たとえばわきの下やVIOゾーン、そして全体的に毛深い人の脱毛などです。





一方で薄い体毛の場合は、効果が出にくいこともあります。

通院回数は6回で、毛周期に合わせて通います。



毛周期というのは、体毛の生え変わりのサイクルのことです。




このサイクルに沿って、生えて来た気を次々狙い撃ちにして処理することで、効率よくきれいに脱毛ができるからです。



そのため毎月通うのではなく、大体2か月から3か月に1回の割合で通うことになり、6回といっても、すべてが終わるまでには1年から1年半ほどかかります。


また医療レーザー脱毛の場合は、費用は全額自己負担になります。





これは健康保険の適用外とみなされるからです。





クリニックにもよりますが、両わきの下の処理で、大体2万円から5万円ほどです。


もちろん最近ではクレジットカードも利用できるようになっています。




また、キャンペーン期間中のクリニックで処理をしてもらうと、割引価格で、質のいい医療レーザー脱毛を受けられることになります。